カスタマーハラスメントの基本方針について

お問い合わせいただくお客さまの中には、スタッフに対する暴言や無理な要求をされる方がいらっしゃいます。

以下の例に挙げられるような社会通念上相当な範囲を超える行為があった場合はサポートやサービスのご利用をお断りさせていただく場合がございます。

また、悪質なケースは、警察・弁護士等に連絡のうえ、適切な対処をさせていただきます。

カスタマーハラスメントに該当する言動

  • 暴言、脅迫
  • 人格を否定するような言動、侮辱的な言動 ・威圧的な言動
  • 提供していないサービスの強要
  • 何度も同じ質問や要求を繰り返す行為
  • サポート方法や時間指定などの過剰な要求
  • スタッフの個人情報の公開などプライバシーの侵害 ⁠

カスタマーハラスメントに対する対応

  • 専門チーム・法律専門家などとの連携し、カスタマーハラスメントに値するかどうか客観的な評価を実施します
  • カスタマーハラスメントに該当すると判断した場合、サポートやサービスのご利用をお断りさせていただく場合があります
  • 悪質なケースの場合、警察・弁護士等に連絡のうえ、適切な対処を実施します

カスタマーハラスメントの防止に対する対応

  • カスタマーハラスメントに対する研修の実施
  • カスタマーハラスメントに対する体制構築、法律専門家などとの連携
  • カスタマーハラスメントに関する相談窓口の設置
  • スタッフの精神的なケア
  • カスタマーハラスメント発生後、今後の対策についての話し合い

『カスタマーハラスメントの基本方針』についてご理解をいただくことで、気持ちの良いコミュニケーションを通して、より良いサービス開発や課題解決に向けたサポートの実現を目指していければと考えております。 ⁠

ご協力いただきますようお願い申し上げます。

この記事は役に立ちましたか?
6人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

問い合わせ掲示板で検索

「サポート」で検索