「立入禁止区域」とは?

YAMAP では以下のアイコンで地図上に「立入禁止区域」を表示しています。

アイコン 名称
進入禁止

立入禁止・進入禁止・登山道立入禁止(火山活動)など

 

立入禁止区域は、以下の場合に表示しています。

  • 火山活動など災害の危険があり、自治体や管理団体より立入禁止の通達があった場合
  • 私有地のため、関係者以外の立入禁止となっている場合
  • 自然保護のため、自治体や管理団体より立入禁止の通達があった場合
  • バリエーションや沢登り、クライミングで登られるルートであり、一般登山者には危険である場合
  • その他、YAMAP が立入禁止が妥当と判断した場合

立入禁止となっている区域には立ち入らないようにお願いします。

 

活動日記の閲覧時に「立入禁止」に関する注意情報が表示された場合

「立入禁止区域」を通過している可能性のある日記は、以下のように注意情報が表示されます。

この注意表記がある日記を閲覧している場合、日記のみを参考にすることなく、現地の最新の立入禁止情報を確認の上、登山をしてください。

mceclip0.png

また、自分の日記にこの注意表記がある場合は「立入禁止区域」に入っていないかどうか確認の上、該当する場合は日記を削除または非公開にしてください。

特に「法律で規制された場所」や「私有地」への立ち入りは、法律で罰せられる可能性がありますので、十分にご注意ください。

 

なお、この日記の作成者には既に立入禁止を通過していることを通知しており、YAMAPも把握済みのため、「不適切な利用を報告」をする必要はありません。

 

活動日記の編集画面で「立入禁止」に関する注意情報が表示された場合

日記の編集画面や公開情報の設定画面で、以下のように立入禁止に関する注意事項が表示されることがあります。これは、あなたの登山の軌跡が立入禁止区域を通過している場合です

mceclip2.png

この日記を公開した場合、他の誰かがあなたの軌跡を参考にして立入禁止区域に進入してしまう可能性があります。十分に注意をして公開設定を行ってください。

この日記を公開した場合、閲覧者に向けて、上項のような「立入禁止区域を含んでいる可能性がある」と注意情報が表示されます。

 

お願い

「立入禁止」に関する注意表記は、「立入禁止区域」アイコンを軌跡が通過したとみなされた場合に表示されます。そのため、実際に立ち入っておらず近づいただけの場合や、特別に許可をとって立ち入った場合でも、一律で注意表記が表示されます。

これは、閲覧される方の安心・安全を優先し、注意を促すためです。予めご了承ください。

許可を得て通過している場合は、日記の本文に「○○から特別に許可を得て入った」と記述するなど、ご協力とご理解をお願いします。

 

強制的に非公開にするケースについて

立入禁止警告が表示されている日記で、下記に記載されている「明確に不適切な投稿」に該当するとYAMAPが判断した場合は、強制的に非公開もしくは削除します。予めご了承ください。

不適切な利用報告を受け取ったあとにYAMAPはどうするのですか?

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

問い合わせ掲示板で検索

「禁止事項」で検索