YAMAPの使い方

YAMAPってなに?

YAMAPは登山用のスマートフォン向けアプリです。

YAMAPアプリを使うことで、電波が届かない山の中でも現在地を確認しながら安全に登山を楽しむことができます。

YAMAPアプリのインストールがまだの方はこちらをご覧ください。

YAMAPアプリでできること

__________2021-11-08_13.44.57.png

  • 電波が届かなくても、現在地と登山ルートが分かる。
  • 登山の記録が、簡単につくれる。
  • 記録をシェアして、楽しさが広がる。

YAMAPアプリを使ってみよう

img_section_02.png

  1. まずは地図をダウンロードしよう(登山前)

    YAMAPを利用するには、まずは登山地図のダウンロードが必要です。

    電波の届かない山の中でも地図を見られるように、家など電波の届く場所(Wi-Fi環境を推奨)で必ず事前にダウンロードしておきましょう。

    ⇢ 地図をさがすには?

    ⇢ 地図をダウンロードするには?

  2. 現在地を確認しながら山に登ろう(登山中)

    登山口に着いたらダウンロード済みの地図を開きます。[活動を開始]ボタンを押すと地図上に推奨ルートが表示され、自分が歩いた軌跡、標高、活動時間などの記録が開始されます。

    ⇢ 活動を記録するには?

  3. 活動日記をつけよう(登山後)

    登山活動終了後、電波が入るエリアに移動したら [マイページ] に活動日記が作成されます。写真やコメントを追加して思い出を記録しましょう。

    ⇢ 活動日記を編集する

主なサービス

利用シーン 機能 説明
登山前 登山計画 これから登る予定の山の行程や装備などの計画を立てることができます。作成した計画は家族や仲間に共有したり、登山中に確認することができます
山の詳細な天気予報 詳細な山の天気予報(時間ごとの気温や風速など)を確認することができます
ブックマーク機能 気になった活動日記へすぐにアクセスできるようブックマークしておくことができます
軌跡のダウンロード 他のユーザーが歩いた軌跡を地図上に表示する機能で、実際に自分が歩く際の参考にすることができます
モーメント 山のことや日常の話題を、写真とテキストで自由に投稿することができます。ハッシュタグを付けることもできます
登山中 現在地の確認 電波が圏外でも現在地と登山ルートを確認することができます
みまもり機能 登山中の位置情報を家族や友人に通知する機能で、万が一遭難してしまった際の重要な手がかりになります
こんにちは通信 ほかのYAMAPユーザーとすれ違った際にお互いの位置情報を交換する機能です。この機能を有効にしておくことで、上記のみまもり機能がより強力なものになります
ルート外れ警告 登山ルート(地図上の赤線)を外れたときに通知します
歩行ペース表示 自分の歩行ペースが標準的なペースと比較してどの程度速い/ゆっくりであるかを倍率(%)で表示します
到着予測時刻 登山計画に基づいて、次のポイントまでの到着予測時刻を表示します(現在の歩行ペースに応じて計算されます)
フィールドメモ 登山中に気づいたことを地図上にメモとして残すことができ、ほかのユーザーがその情報を見ることができます

登山後

活動日記

登山中に記録した軌跡に写真やテキストを加えて公開することができます

ダッシュボード これまでの活動記録をもとに累積の距離や標高、消費カロリーなどをグラフ表示でふりかえることができます
バッジ 指定されたランドマークを通過することでオリジナルのバッジを獲得することができます
3Dリプレイ 自分が歩いた軌跡を3D動画で出力して、SNSなどにシェアすることができます

※一部の機能はYAMAPプレミアム限定です。詳しくはこちらをご覧ください。

※公式YouTube【YAMAPガイド(2020年度版)】はこちら

この記事は役に立ちましたか?
18088人中17328人がこの記事が役に立ったと言っています

問い合わせ掲示板で検索

「 使い方 わからない」で検索