歩行ペース表示機能とは?

歩行ペース表示機能とは?

歩行ペース表示機能とは、自分の歩行ペースが標準ペースと比較してどの程度速い/遅いかをグラフと数字ラベル(%表記)で示す機能です。
歩いた軌跡の1km区間ごとにグラフとして、また直近の1kmに関してはスピードを数値(%)で表示します。
(例:120% = 標準に対して120%の速さ = 標準より1.2倍速い)

  ご注意事項

・歩行ペース表示機能は、プレミアム会員限定の機能です。

・本機能が表示されない場合、アプリが最新版になっていることを確認してください。(8.4.0 以上 - iOS/Android 共通)

 

機能の使い方(画面のみかた)

活動記録画面を開き、ボトムシート(下部の黒色ビュー)の「活動を開始」ボタンを押して軌跡を取る状態にします。
この状態で、ボトムシートを上にスワイプすることで、活動に関する詳細な情報を確認することができます。

▼ ボトムシートのグラフ部分は横スクロールが可能です。1ページ目には標高グラフや現在地の経緯度が表示され、2ページ目には歩行ペースグラフが表示されます(2020年12月現在)

1.png

▼ 活動距離が1kmを超えるごとに歩行ペースを算出するため、活動開始から最初の1kmに到達するまでは歩行ペースグラフが表示されません。
背景に表示されているグレーのグラフは標高グラフです(ボトムシートの1ページ目に表示されているグラフと同じ内容のものです)

2.png

▼ 100%を標準ペースとして、その上下20%ずつ幅を持たせた 80%〜120% の範囲を半透明の青色で示しています。
この範囲に収まるように歩くことで、遅すぎず速すぎない適切なペースを保てているということの目安になります。

3.png

▼ 歩行ペースグラフが対応する速度の範囲は 0%〜300% となります。理論上、どんなに遅く歩いても0%を下回ることはありませんが(0%=止まっている状態)、300%を上回ることはあります。その場合、グラフは300%のラインを示しますが、数値は実際の値を表示します。

4.png

 

歩行ペース表示機能を使うことで得られるメリット

1. 自分の歩行ペースを客観的に把握できる

登山中にどのようなペースで歩いてきたかを計算式に基づく数値として客観的に確認できるため、適切なペース配分を意識付けることができます。

2. 活動中の遭難リスクを下げる

前半でオーバーペースで歩いてしまうことにより、後半のための体力を残しておくことができず、結果的に怪我や体調不良による遭難リスクが高まります。
歩行ペース表示機能で視覚的に適性ペースを管理することで、こういったリスクを下げることが期待できます。

 

本機能に関する注意事項

標準レベル(80-120%)について

標準ペースは、区間ごとの標高差に基づいて算出された目安値となります。
実際には適切であると感じる歩行ペースには個人差があるため、100%が速すぎる/遅すぎると感じる場合、最終的にはご自身が無理をしない状態を維持することを優先してください。

端末のGPS精度や地形の状況による影響について

GPSの精度が低い状況下では軌跡が正しく取れない場合があります。歩行ペースの計算はこの軌跡に基づいて行われるため、軌跡が不正確である場合、歩行ペースも不正確な値を示すことがあります。
また、実際の登山道の状況(歩きやすさなど)によっても、算出される歩行ペースは体感よりも大きく速い/遅いと感じることがあります。危険が伴うような歩きにくい区間では、歩行ペースは標準ペースよりも遅い値を示しやすくなります。このとき、標準ペースに追いつくために無理にペースを上げることはせず、ご自身の身体の安全確保を優先してください。

 

この機能に関するご意見をお聞かせください

本機能は、今後もユーザーのみなさまのご意見を反映して精度の向上を図りたいと考えています。実際に使ってみて気になった点や本機能に関するご要望を、以下のフォームまでお寄せいただけると幸いです。

ご意見・ご要望フォーム

この記事は役に立ちましたか?
102人中95人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

問い合わせ掲示板で検索

「歩行ペース表示」で検索