現在地や軌跡が正しく取れない場合は?(iPhone)

軌跡が取れない原因は?

YAMAPで記録する位置情報は、端末に内蔵されたGPSチップが衛生から取得したデータを参照して一定距離ごとに記録しています。

軌跡に問題が発生する要因として、以下のようなケースがあります。

  • GPSチップの精度、故障
  • 衛星からの電波が届きにくい環境
  • メモリ不足などにより端末に問題が生じた場合
  • 端末の節電設定などによりYAMAPが制限された場合

上記の通り、環境などの外的要因もあれば、メモリ不足などで端末のパフォーマンスが低下することにより正常に動作しない場合などがあり、一定の確率で軌跡飛びが発生します。

どう対策すればいい?

いずれのケースも、アプリ側での改善が難しい領域となるため、設定やご利用方法を見直していただく必要があります。

とはいえ、アプリの不具合の可能性もゼロではないため、YAMAPではユーザーさんの軌跡の飛び率を日々、確認しています。

異常が発生した場合はヘルプセンタートップの重要なお知らせなどでご案内いたします。軌跡が正しくとれない場合は、重要なお知らせの掲載状況をご確認いただいた上で、以下の「チェック項目」をご確認ください。

※ 「重要なお知らせ」がない場合は非表示になります。

チェック項目を確認

1. 位置情報の許可

  • [iPhoneの設定]▶ [プライバシー]▶ [位置情報サービス]をONにする
  • [iPhoneの設定]▶ [YAMAP]▶ [位置情報]▶ [正確な位置情報]を選択

2. 不要なアプリの終了

メモリ不足により端末が正しく動作しないケースがあります。不要なアプリの終了をお願いします

3. アプリのアップデート

  • iPhoneのApp Storeアプリを起動
  • 右上のユーザーアイコンをタップ
  • YAMAPをタップして詳細ページを開く
  • アップデートをタップ

4. iPhoneの再起動

記録中に再起動されても、起動後にそのまま記録を続けることができます。端末の一時的な不具合に関しましてはこちらをお試しください。

5. 位置情報サービスの切り替え

  • [iPhoneの設定]▶ [スクリーンタイム]▶ [コンテンツとプライバシーの制限]
    ※ パスコードを求められるため、iPhoneに設定してある暗証番号を入力
  • 位置情報サービスを[OFF]にする
  • iPhoneを再起動(スリープ+ホームをアップルマークが出るまで長押し)
  • 再起動後に設定 ▶ [スクリーンタイム]▶ [コンテンツとプライバシーの制御]▶ 位置情報サービス を再び「ON」にする
    ※ 記録中にお試しいただいても、起動後はそのまま記録を続けていただくことができます

6. 日時設定

[iPhoneの設定] ▶ [一般] ▶ [日付と時刻]▶ 自動設定にする
→ 参考サイト

活動中の対策

YAMAPで活動記録中は、ディスプレイ上部のステータスバーが青くなります。
メモリ不足や端末の一時的な不具合で、YAMAPの動作が終了させられた場合は、ステータスバーが通常モードに戻ります。別のアプリを使用した後などにこのような状態になる場合は、再起動をお試しください。

上記で改善しない場合

端末固有の問題が生じている可能性がございますので、メーカー・販売店様にご確認をお願いします。

 ヒント

  • バックグラウンド中に軌跡が飛ぶ原因と対策についてこちらをご覧ください。
  • Androidで位置情報が取れない場合は、こちらをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
525人中320人がこの記事が役に立ったと言っています

問い合わせ掲示板で検索

「活動中」で検索